お知らせ

2016年9月

2016年9月の記事一覧です。

食糧用輸入大麦の荷揚げ立会いを行いました。(H28.7.23)


弊社で取り扱う醸造用輸入大麦原料は、ご使用いただく醸造メーカー様のご希望に叶うよう、品質本位でその年の品種の中で精麦・醸造適性を持つ大麦だけを現地で選りすぐってまとめられたもので、替えることが出来ない大切なものです。

もし何かしらの異常があった場合に、速やかな判断・対処が出来るように、弊社のすぐ近く、鹿児島・谷山港に輸入本船が入港する際は、荷揚げ作業時に立合い・確認を行います。

平成28年7月に、谷山港にオーストラリア産大麦が到着しましたので、その立合いの状況を写真でご紹介いたします。

  • 立会日時 :平成28年7月23日、25日
  • 本船名  :LEAP HEART
  • 入港日  :平成28年7月23日

※荷役機器の汚れの付着や残渣の残留について、荷役作業者にて拭き取りや高圧エアーでの除去を行って頂いた後に作業の開始をお願いしています。
天候は23日、25日とも晴れでした。荷役は無事終了しております。

a1.png

 

 

 

 

 

 

b2.png

●バケットの目視確認
(結果)
・目視にて異常が無い事を確認。
・水滴・残渣は高圧エアー等にて除去を確認。

 

 

 

 

c3.png

●ブルトーザーの目視確認
(結果)
・目視にて異常が無い事を確認。
・残渣は高圧エアー等にて除去を確認。

 

 

 

 

d4.png

●ホッパー内外の目視確認
シートでの養生(異物混入防止)
(結果)
・ホッパー内外に異常が無い事を確認。
・シートの汚れ、破れ等の不具合が無いことを確認。

 

 

 

e5.png

●目視による原料大麦の確認
(結果)
・目視にて異常が無い事を確認。

 

 

 

 

f6.png

●植物防疫所による検査の様子

 

 

 

 

 

g7.png

●荷揚げ作業風景

 

 

 

 

 

これからも引き続き荷揚げ立ち会いを続けてゆき、安全な大麦を届けられるように致しますので今後とも宜しくお願いします。